あのお店はなぜ消耗戦を抜け出せたのか – 仲山 進也 (書評・レビュー・感想)

【この記事の所要時間 : 約 2 分

価格競争、過剰サービス競争から脱却し、巨大資本企業と競争しないでファンを増やす「究極の対面販売」とは?広告界のニュースサイト「Advertimes(アドタイ)」で毎回アクセスランキングNo.1となった人気コラムがいよいよ書籍化!

日本最大のECショッピングモール「楽天市場」において、加盟店4万1000店の成長パートナーとして活躍する、楽天大学学長である仲山進也氏が、価格競争、過当サービスではない、「顧客との関係性を深める」ビジネスの方法を「究極の対面販売の道」として推奨。どんなにがんばっても大手資本に太刀打ちできない「消耗戦」を抜け出して、楽しくかつ顧客満足度を高めるビジネスの方法を指南。また、それを実践しているECショップの事例を12件掲載。

なぜこれがNGなのか??その答えが本書に!

(1)売れているモノを売ってはいけない
(2)ターゲット客を攻略してはいけない
(3)競合対策をしてはいけない
(4)スケールメリットを強みにしてはいけない
(5)勝つためのスキルを磨いてはいけない

どうすれば顧客の支持を集める「売れる店」になるのか?そのヒントは、ECの黎明期から現在まで、さまざまな手段を駆使して、楽しくビジネスをして顧客満足度を高めてきた「老舗」のやり方にあった。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

書評・レビュー・感想

一般的な話かなと思ったが違った。
楽天市場で「売れる店」になる方法だった..orz。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です