関西人 in Tokyo – 種浦マサオ

【この記事の所要時間 : 約 3 分

最近ラジオからよく流れてくるこの曲。
関西人 in Tokyo
なかなかいい。
スティングの「イングリッシュマン・イン・ニューヨーク」のカバー。
奈良県人が東京で感じる哀愁という感じ。
ジャケットもカバーしている。

秋田慎治 松井智孝 KAZSEN 種浦マサオ Sting ぜんじろう
Dreamusic (2007/06/27)
売り上げランキング: 32225

スポニチ – スティングの名曲 関西弁でカバー

英歌手スティング(55)による1987年の名曲「イングリッシュマン・イン・ニューヨーク」を、関西弁でカバーした替え歌が誕生した。
 兵庫県姫路市出身のシンガー・ソングライター、種浦マサオ(39)が歌う「関西人 in Tokyo」(27日発売)。兵庫(歌では奈良)生まれなのに「大阪人」と言われ、本当は巨人ファンなのに阪神ファンとみられ、いつも「オモロイ奴(やつ)」であることを求められる…東京に住む関西人の悲哀を歌ったユニークな内容だ。
 4年前にスティングあてに手紙を書いて直接オファー。しかし相手にされず、ファンクラブに入会して人脈を広げ、粘り強く伝え続けたところ、昨年12月に許諾された。
 同曲の日本語カバーは初。過去にレゲエグループのシャインヘッドが「ジャマイカン・イン・ニューヨーク」としてカバーし大ヒットしている。
 スティングがニューヨークに住む英国人を「Legal alien(合法的異邦人)」と歌にしたことをモチーフに、♪ほんまエイリアン、なんかちょっとちゃうエイリアン――と関西人に対する画一的レッテルへの違和感をのんきに表現。種浦は「すべての関西人にささげたい」と思いを語る。
 替え歌の第1人者、嘉門達夫(48)も「国内でも歌詞を替える許可は大変なのにスティングの許可が下りたとは驚き。原曲と内容のテイストが似ていることが通じたのかも。売れそう」と絶賛している。

試聴したい方は、以下でどうぞ。
listen.jp – 関西人 in Tokyo (試聴)
BARKS – 関西人 in Tokyo (試聴)
歌詞は、こちらからどうぞ。
関西人 in Tokyo 歌詞公開
大阪出身で、阪神ファンというベタな関西人なので、種浦マサオ氏の微妙なニュアンスがわかるというと嘘になるが、気持ちを共有する部分はある。
原曲を聞きたい方はこちらをどうぞ。
YouTube – Stingの「Englishman in New York」

Sting
Universal (1990/10/25)
売り上げランキング: 2161
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です