意味がわからなかったインターネットスラングについて

【この記事の所要時間 : 約 3 分

goo ランキング – よく見かけるけど意味がわからないインターネット用語ランキングというのを見ているとはじめてみた言葉もあった。
新しいものがどんどんと作られていってるみたいな気がするが、かなり前からあって知らないだけというものもある。こういうのはどんどん増殖していくと思われる。
意味がわからない用語は他にもあるが、以下のものははじめて見た。
・NTR

ストーリー属性の一つ。「寝取られ」の隠語。
意中のヒロインが他の男とやる様に快感を覚える性質。マゾヒズムの一形態。
主人公とヒロインと他の男の関係によって様々なバリエーションがある。
素人にはオススメできない。

・IYH

「イヤッッホォォォオオォオウ!」の略。

・TS、TSF

trans sexual(トランスセクシュアル)のこと。
「性同一性障害者」の中でも、身体の性とこころの性の不一致を特に強く感じている人たちのことで、この二つを一致させるために形成外科的手術を強く望む人。
手術前の場合をpre-op TS、手術後の場合をpost-op TSと区別して表現することもある。
トランスセクシュアルに限らないが、第二段階以降が未治療の(あるいは治療するつもりがない)場合、ノンホルノンオペと表現する事もある。

・ティウンティウン

コンシューマータイトルの「ロックマン」における、いわゆる「やられ効果音」を文字で表現したもの。
転じて、再起不能なほどのダメージを負う場面での心理的な説明。
半角で書かれる事も多い。

・バーボンハウス

やあ (´・ω・`)
ようこそ、バーボンハウスへ。
このテキーラはサービスだから、まず飲んで落ち着いて欲しい。
うん、「また」なんだ。済まない。
仏の顔もって言うしね、謝って許してもらおうとも思っていない。
でも、このキーワードを見たとき、君は、きっと言葉では言い表せない
「ときめき」みたいなものを感じてくれたと思う。
殺伐とした世の中で、そういう気持ちを忘れないで欲しい
そう思って、このキーワードを作ったんだ。
じゃあ、注文を聞こうか。

1. 2chにおいて、タイトルだけが興味を引くものの“単なる『釣り』スレッド”である場合に、「>>1」にこのような文章が書かれる事がある。
* 文章中の「キーワード」は、2chでは「スレタイ」である。
* いわゆる「また騙されたわけだが」の類だが、もはや開き直っている。
2. また、アクセス規制されているプロバイダからアクセスしたときなどにも表示される。

・ワッフルワッフル

洋菓子のワッフルとはあまり関係が無いコピペ用語。主にエロ系の書き込みの途中で「全てを読むにはワッフルワッフルと書き込んでください」などとコピペされる。その記載が無い場合でも「早く続きを書け」という意味で「ワッフルワッフル」とレスする場合もある。言葉の正確な由来は不明なので、google:ワッフルワッフルのガイドライン辺りから探してください。

・先生きのこる/きのこる

「この先、生き残る」の略。今後のことを心配する行為。
きのこる先生。
「この先、生き残る」を「この先生きのこる」と書いたのがはじまり。
2ちゃんねる「土木・建築」板のスレッド「ぉぃ この先生きのこる」が確認された中で最古のもの (2002/08/29 19:57) のようだが、現在は削除されている。

internet_word_ranking.gif

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です