医龍ƠTeam Medical Dragon) – 乃木坂 太郎 (書評・レビュー・感想)

【この記事の所要時間 : 約 2 分


医龍ƠTeam Medical Dragon)医龍ƠTeam Medical Dragon)

東北の寒村に住まう、天才的な技術を持つ外科医・朝田龍太郎を、明真大学医学部助教授の加藤晶がたずねてくる。心臓の難手術であるバチスタ手術論文を成功させて、自分の教授就任を図り、今の大学医療を改革するために、朝田をスカウトしに来たのだ。
教授・野口賢雄らが支配する封建的な病院体制の中、朝田は研修医伊集院を鍛え、また藤吉を始めとする優秀なメンバーを揃え、次々と難手術を成功に導く。
医局の権威を無視する朝田に、警戒感を持つ野口は、朝田を招いた責任を取らせるために加藤追放と、後任に朝田の最大のライバル霧島軍司を起用する事を決断する。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

書評・レビュー・感想

漫画らしい医療コミック。
個人的には「ブラックジャックによろしく」より好きである。
「ブラックジャックによろしく」で主人公だった研修医(斉藤 英二郎)が、医龍では準主役扱い(伊集院 登)となっているが、やはり同じ研修医という視点から医師、患者、医局などを眺めていて、その違いが面白い。
研修医の伊集院 登がメキメキと腕を上げていくさまがわくわくさせるのかもしれない。
ヒューマンドラマは、地味で苦しく、つらい。
しかしながら、医龍䶂A医療コミックとして「目指せ!最強」などのように、非常に漫画らしい。
スカッとする医療モノ。
「ブラックジャックによろしく」より「ブラックジャック」寄り。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です