プロギアの「T3 502銀」ドライバーがやってきた!

【この記事の所要時間 : 約 3 分

知人からプロギアの「T3 502銀」ドライバーを借りた。
練習で使ってみると・・・非常に球がよくつかまる。
最近少しづつドローボールが打てるようになってきたが、このドライバーを使えば、きつめのドローボールも打てる。目指していた究極の形である右方向に出て、ドローでセンター方向へ戻ってくるというボールもたまに打てるのにびっくりした。
やはりギアのとしての性能がいいみたい。
ダイエットフェースとヒップソール形状によって深重心になっている。
ヘッド形状が空気抵抗を削減。
3種チタンを組み合わせたボディ全体がインパクト時に大きくたわみ、高打ち出しで最適スピンの弾道を生む「T3効果」が効くらしい。
コースでも使ってみたいと思う。
prgr_t3_502.jpg
PRGR – T3 502銀

PRGRが「かんたん!」を徹底して追及しました。
ドライバー502銀は、世界最大級の「深重心」ヘッドが特長です。
重心がこれだけ深くなると、クラブのヘッドスピードは上がり、ボールが捕まりやすく、上げやすくなります。
世界一かんたん!に飛ばせる、と大声でいいたいドライバーの登場です。

横浜ゴム – 「100を切りたい」ゴルファーも、驚くほど簡単に飛ばせるドライバー登場

横浜ゴム(株)(社長:南雲忠信)は、PRGR(プロギア)ブランドのドライバーの新商品「T3 502(ティー・スリー・ゴーマルニ)銀」を(株)プロギア(社長:神子田雄治)を通じて2007年2月10日より発売する。発売モデルは、男性用モデルの「M-43(43m/秒)」「M- 40(40m/秒)」「M-37(37m/秒)」および女性用モデルの「M-34(34m/秒)」「M-30(30m/秒)」。価格は、男性用モデルが1 本73,500円(本体価格70,000円)、女性用モデルが1本71,400円(本体価格68,000円)。
 「T3 502 銀」は、ゴルフを楽しみたいアベレージクラスのゴルファー向けに、ボールが簡単に飛んで、曲がらないクラブを目指して開発。世界一深く(※)低い重心をもつ460ccの大型ヘッドを採用したことが最大の特徴で、「T3 」シリーズのなかでも、最も打ちやすく幅広い層に向けた性能をもち、「is3 501」「is3 502」アイアンに対応したドライバーとなっている。
※SLEルール適合モデルで。11月1日現在、当社測定結果による。
 「T3 502 銀」は、ヘッド形状の改良やフェースの軽量化などで、これまでになく深い重心深度と低重心を実現したことにより、ヘッドスピードがアップし、スイートエリアが広がり、ボールが捕まりやすくなった。それと同時に、3種チタンを組み合わせたボディ全体がインパクト時に大きくたわみ、高打ち出しで最適スピンの弾道を生む「T3効果」も拡大。この結果、「100を切りたい」アベレージゴルファーでも、驚くほど簡単にボールをとらえ、安定したショットで飛距離を伸ばすことが可能になった。



スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です