短期間で組織が変わる 行動科学マネジメント – 石田 淳 (書評・レビュー・感想)

【この記事の所要時間 : 約 2 分

この本は、人間の行動原則を、ビジネスに応用するための本です。心理学の先進国アメリカで数十年間の研究と実績がある心理学「応用行動分析」をベースにしています。「勘」や「経験」に頼るマネジメントから、科学的で結果がわかるマネジメントに変化できます。「ラクラク〜〜できる」とか「1時間で〜〜できる」といった、お手軽なマネジメント書ではありませんから、きちんとした理論と実践を学ぶことができます。

行動科学マネジメントとは……

 ●行動分析で実証された心理学であり、データに基づく科学的マネジメントです。
 ●人の望む行動を増やし、望まない行動を減らすことができます。
 ●あらゆる業務を行動に焦点をあてスモールゴールを設定、生産性の高いマネジメントが実現
 ●従来10人で行っていた仕事が、8人以下の労力でも可能となります。
 ●自発的な行動が増え、しかも持続性を確実に向上
 ●ISO9001、プロジェクトマネジメントに続く、マネジメントの生産性を実現するメソッドです。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

書評・レビュー・感想

いまいち。。。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です