スタンフォード式 最高の睡眠 – 西野 精治 (書評・レビュー・感想)

【この記事の所要時間 : 約 4 分

☆世界的権威の日本人睡眠研究者、初著書!
☆「睡眠研究のメッカ」スタンフォードの英知を凝縮した、史上最高のスリーピング・プログラム!
☆スタンフォードだから知り得た、世界最新の睡眠データ満載! 科学的エビデンスに基づいた、超実践的メソッド!
☆「レムとノンレムは90分周期じゃなかった! ?」など、眠りの新情報も大公開!

世界の睡眠医学をリードし、数多くの睡眠研究者を輩出していることから「世界最高」と呼ばれるスタンフォードの睡眠研究。そのトップを務める日本人が、「究極の疲労回復」と「最強の覚醒」を実現する超一流の眠り方を初公開!

「寝ても疲れがとれない」
「寝つきが悪い」
「朝、起きれない」
といった睡眠の悩みを一挙解決!

会議や授業中など、「寝てはいけないときに眠くなった」ときの超科学的な対策も伝授!

 ◎世界一の睡眠研究所はスタンフォードにあった!
 ◎「好きなだけ」寝ても、寝不足解消には3週間かかる!
 ◎なぜ、日本は世界一「睡眠偏差値」が低いのか
 ◎植物も眠っている! ?
 ◎夢はたくさん見たほうがよかったという新事実!
 ◎こんな夢をみたときは要注意!
 ◎「寝る前に目薬をさす」と目がよくなる?
 ◎「○○風呂」なら、もっとぐっすり眠れる!
 ◎「羊が1匹、羊が2匹…」日本語で数えるのはまったく無意味!
 ◎就寝直前は、脳が眠りを拒絶している! ?
 ◎「夜の冷やしトマト」で睡眠力アップ!
 ◎「運動しない人」ほどよく眠れる! ?
 ◎ランチは「食べても」「抜いても」眠かった!
 ◎「○○を持つ」と目が覚める! ?

など、眠りにまつわるすべてをこの1冊に集約!

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

書評・レビュー・感想

これはすべての人が読んでおいた方が良い本だと思う。すべての人に大きく関係する「睡眠」の話であり、しかも世界一の睡眠研究所の所長が書いている本であるのだから。

本書の趣旨は、「睡眠と覚醒は2つに1つなので、深く覚醒し、深く眠って、人生を豊かに過ごそう」ということにつきる。

「睡眠」として非常に重要なことをピックアップすると

  1.睡眠の質は眠り始めの90分で決まる
  2.「最初のノンレム睡眠」をいかに深くするか?が重要
  3.睡眠のスイッチは、「体温」と「脳」

という感じだろうか。著者は研究者だけあって、事実以外は書いていない。睡眠に関して過去は常識だったが、現在は否定されていることや、新しい発見なども書かれておりとても参考になる。

 ・理想の睡眠時間は遺伝子で決まる。ほとんどの人はショートスリーパーになれない
 ・睡眠負債が寿命が縮める。短時間睡眠の人は短命
 ・深部体温と皮膚体温の差が小さくなればなるほど眠気が強まる
 ・脳が興奮していると体温が下がりにくい
 ・睡眠のスイッチを入れるには就寝90分前の入浴が有効
 ・すぐに寝るときは入浴よりシャワーが良い
 ・睡眠スイッチとしては、温泉が強力
 ・睡眠スイッチとしては、シャワーより足湯が効果的
 ・睡眠スイッチには室温も重要
 ・皮膚の保水量は睡眠で上がる
 ・見たい夢を見るのは不可能
 ・口呼吸は睡眠の質を下げる
 ・アルコール度数の低い酒をダラダラ長時間飲むより、度数の高い酒を少量さっと飲む方が入眠に良い
 ・どうしても眠いなら黄金の90分が終了した最初のレム睡眠のタイミングで起きる
 ・先に資料を作ってから3時間寝るというのはNG
 ・明け方に深い睡眠を取るというのは地球に逆らうやり方
 ・1時間早く寝るより、いつも通りに寝て1時間早く起きる方が眠りの質は高い
 ・「後ろにずらすのは簡単、前にずらすのは困難」が睡眠の性格
 ・1日で楽にずらせるのは1時間
 ・良い覚醒が良い睡眠をもたらす
 ・覚醒のスイッチは、「光」と「体温」
 ・朝は太陽の光を必ず浴びよう(雨や曇りでも)
 ・夕食抜きは眠りと健康にとって百害あって一理なし

これからの「睡眠コントロール」に活かしていきたいと思う。
良書!!!!

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です