主要航空会社の事故ランキング – 全日空13位、日本航空19位

【この記事の所要時間 : 約 2 分

マスコミが報じない危険な航空会社リスト

実は危険な航空会社は、事故率という数値的な統計が作成されており、ランキングが作られています。
たとえば、Plane Crash Info.com(英語版)などがその代表例です。このサイトは、「航空会社の総飛行回数」、「事故回数」、「事故における致死率」の3つの要素を元に、独自に事故率を算出しています。
統計データが確定していない、提供されていない航空会社は含まれていないため、あくまでも「主要航空会社のみ」です。
しかし、こういう情報は、航空会社をスポンサーに抱えるマスコミはなかなか報じることができないようです。
今回は、上記サイトの統計情報を元に、日本語化して危険な航空会社をリストにしてみました。ワースト1は、今回も事故を起こした中華航空、以降、ワースト10まで、アジア系、中南米系の航空会社が並んでいます。

とのことで、やっぱり統計情報はユーザーとして知っておきたいと思う。
もちろん統計情報にもバイアスがかかるとは思うが、(統計を取る年数を自分が持って行きたい方向に都合がいいように取るとか)それでもないよりはいい。
全日空が、13位で、日本航空が19位。
独占業界なので、国内便の場合は選択肢の少なさは否めないが、国際便を選ぶ際には一つの基準にはなるかと思う。
airline_rank2.jpg
Airline Accident Rates
airline_rank.jpg
より詳しく知りたい方はこちらへ

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です