to the Bar 日本のBAR 74選 – 成田 一徹 (書評・レビュー・感想)

【この記事の所要時間 : 約 1 分

to the Bar 日本のBAR 74選
成田 一徹
朝日新聞社

見知らぬバーの扉の前に立つ。その重そうな扉の向こうには、どんな世界が待っているのだろう。バーの楽しみは、扉を開ける前から、もうすでに始まっている……バーの魅力にとりつかれてほぼ30年。その世界を切り絵で表現しはじめて20余年を経た著者が、日本全国のバーを自らの足で歩いた経験から、代表するバー70軒を厳選し、味わい深い切り絵と文章で紹介する。「大人の楽しみ」を知るための必携の一冊。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

書評・レビュー・感想

もう無くなってしまったBARもたくさんあるが、とても良いバーが列挙されている。
東京、大阪、神戸、京都などなど。

また行ってみたいバーが増えた。

切り絵とバーというのはとても相性が良いと感じた。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です