世界同時バブル崩壊!—あなたの生命と財産が危ない – 藤原 直哉 (書評・レビュー・感想)

【この記事の所要時間 : 約 2 分


世界同時バブル崩壊!—あなたの生命と財産が危ない世界同時バブル崩壊!—あなたの生命と財産が危ない

第1章 「チャイナ・クライシス」の大爆発
  ・中国、株バブル崩壊は「世界経済崩壊」の「予告ベル」
  ・中国の機能がすべて停止する巨大な危機
第2章 「世界同時バブル崩壊」へのシナリオ
  ・世界の「バブル源」と「火薬庫」はここだ!
  ・「戦争」と「石油危機」と「バブル崩壊」の同時発生
第3章 アメリカの秩序の崩壊と「新秩序」
  ・アメリカ経済は「崩壊直前」
  ・イラク戦争敗北と世界の「反米」化
第4章 日本が選択できる道
  ・「小泉政権」でなにが「終わった」のか?
  ・アメリカに売り渡された日本 ほか)
第5章 「大崩壊」をサバイバルする「日本の未来像」
  ・日本が歩むべき「独自の道」
  ・「世界同時バブル崩壊」は「地球からの警告」
「チャイナ・クライシス」の大爆発が暗示する「世界同時バブル崩壊」へのシナリオとは!?アメリカの秩序の崩壊と「新秩序」の混沌の中で日本が選択できる道とは!?「大崩壊」を生き抜く「日本の未来像」を描く。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

書評・レビュー・感想

イメージしていたものとちょっと内容が違った。
内容としては、中国がヤバイ!アメリカがヤバイ!だから日本もヤバイ!という感じ。
そして、都会はヤバイから田舎へ脱出(疎開)しようという提案を著者はしている。
著者も松藤民輔氏と同じように金の時代を予測している。
しかしながら、理由としてハイパーインフレしかあげていない。
全体的に風呂敷を広げまくって、危機感をあおっているだけのような気がする。
個別の内容もなんだか薄いような気がする。
読後はなんだかなあ~という印象。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください