【4週間後】 糖質制限+MCTオイルによる「減量期」の経過報告

【この記事の所要時間 : 約 3 分

2017年1月から糖質制限+MCTオイルによる「減量期」に入ろうと思う

2016年12月までは、「増量期」として、筋トレを実施し、体重は4キロ増えた(筋肉3キロ、脂肪1キロ)。次は「減量期」である。目標は、体重を4キロ落とす(筋肉1キロ、脂肪3キロ)。これで「増量期」と「減量期」の通算で、体重は同じまま、筋肉は+2キロ、脂肪は-2キロという肉体改造(予定)となる。

目標は、体重を4キロ減(筋肉1キロ減、脂肪3キロ減)で、約2ヶ月を実施期間と考えている。がんばっていきたい!!!

上記のように今年の1月に入ってから糖質制限+MCTオイルによる「減量期」に入っている。先日「減量期」開始後4週間が経過したので進捗状況を報告しておきたいと思う。

 開始時点:体重61.20kg、体脂肪率18%
 4週間後:体重58.70kg、体脂肪率15%

ちなみに身長は170m。

体脂肪率に関しては体組織計を利用しているため厳密な意味では正確ではないかもしれないが、目安として利用している。

ということで、結果としては、

 体重2.5kg減(体脂肪2.2kg減、筋肉0.3kg減)

という感じで、約2ヶ月で、体重を4kg減(筋肉1kg減、脂肪3kg減)という目標の中間地点としてはオンスケジュールといったところである。筋肉の減少幅も抑えられているようなので、現時点では順調といっていいと思う。

毎日、「ケトーシス状態」になっているかのチェックのために、朝起きてすぐ、ケトン体検査薬Ketostix(ケトスティックス)で検査しているので、その結果も載せておきたいと思う。

「減量期」開始後、数日で1500μmol/Lになり、日によって変動はあるが、500~4000μmol/Lの間をずっと行き来する感じである。イメージとしては、徐々に右肩上がりで上がっていくのかな?と思っていたのでちょっと意外だった。

「ケトン体が人類を救う」の著者・宗田哲男さんによると一般的な数値は以下のようになるとのこと。

【血液中の総ケトン体の数値】
一般食(糖質食)の人 26~122μmol/L
スーパー糖質制限の初期の人 2000〜4000μmol/L
スーパー糖質制限を続けている人 300〜1400μmol/L

最後の28日目なんかは、色としては、500μmol/Lに届かず300μmol/Lくらいのようにも見えるので、「スーパー糖質制限の初期の人」から「スーパー糖質制限を続けている人」になってきたのかもしれない。

ちなみに「減量期」を開始してから野菜や肉・魚などに含まれている糖質以外はとっていないので、糖質は1日10~20gくらいかと思う。

残りの1ヶ月では、予定通り「チートデイ」を取り入れることも検討したいと思う。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です