スニーカーのかかと補修(かかと修理)を自分でやってみた!

【この記事の所要時間 : 約 6 分

お気に入りのスニーカー(スタンスミス)のかかとが写真のように削れてきた。

革靴であれば、MISTER MINIT(ミスターミニット)のようなチェーン店で、かかと補修を行ってくれるが、スニーカーは、そもそも革靴のように修理するものではなく、履きつぶすものという商品設計のため、店舗での受付をしてもらえない…。

革靴のカカトの修理をしてきた!

革靴のカカトが磨り減ってきたので、修理(リペア)に出してきた。出したのは、チェーン展開しているMISTER MINIT(ミスターミニット)である。修理にもっていくと、ラバーの部分がギリギリだったということで、ラバー交換をすることに。綺麗に直してもらった。御代は1足2600円(税抜き)だった。2足持っていったが、非常に混雑していたので、当日渡しではなく、翌日渡しになったが、満足。

でも、まだまだ履けるのにもったいない!と思い、自分で修理してみることした。

ネットで調べていると、自分で修理する方法を動画で紹介しているものを発見!

靴の補修剤なる商品が売られており、クリアーファイルなどで型枠をして、そこに補修剤を流し込み、成型して乾燥させるという方法とのこと。これならできそう!

裏からみるとまだまだ全然問題なさそうに見えるが・・・

後ろから見ると、ガッツリ削れている・・・・

上記の動画では、クリアーファイルではなく、ガムテープや牛乳パックで型枠する方法が紹介されていた。

ということで、一番カンタンそうなガムテープで型枠をつくってみた。

上記の動画にて、「かかと」に補修剤を塗りこんでいく際に、ある程度、マスキングしておかないと、必要以上の部分に補修剤がハミ出てしまって、仕上がりがキレイにならないというTIPSがあったので、底にも貼ってみた。

上の動画にて、ガムテープだけでなく、セロハンテープ等を最初に貼って、その上にガムテープを重ね貼りした方がトラブルが少ないと教えてくれているのに、めんどくさくて省略した結果、あとで少し後悔することになるw

利用した補修剤というのが、「シューグー(自然色)」である。この商品は、乾燥して硬化すると完全にゴムになるというもので、カラーは黒・自然・白があるが、スニーカー(スタンスミス)のかかとが少しクリーム色っぽい感じなので、自然色に色を入れて使うことにした。

シューグーの自然色に色をつけるために買ったのが、100均で売っているアクリル絵の具である。クリーム色にしたいので、白と黄色の2色を購入した。

豆腐の空きパックにアクリル絵の具を入れて、白と黄色を混ぜてクリーム色を作り、それと補修剤であるシューグーを混ぜる。結構うまくできたような気がした(笑

あとは、型枠の中に押し込むように補修剤であるシューグーを塗りこんでいく。

横から見るとこんな感じ。

両足とも塗ったらこんな感じになった。

反対の靴を横から見た感じ。

あとは乾燥させるだけ。シューグーの説明書には、補修剤が少なめなら12時間、多めなら24時間ほど乾燥させる必要があると書いてあったので、24時間乾燥させることにした。

乾燥して、型枠をはずしてみたらこんな感じ。

底のマスキングしていたガムテープを取るとこんな感じ。この時、ガムテープがなかなかはがれずに苦労した(笑

やはり、ガムテープだけでなく、セロハンテープ等を最初に貼って、その上にガムテープを重ね貼りした方がトラブルが少ない。先人の知恵には素直に従っておいたほうが無難である。

後ろから見ると、こんな感じでちょっとデコボコしている。ガムテープがやわらかすぎてうまく成型できなかったのが原因のようだ。型枠は、ガムテープより、クリアファイルか牛乳パックの方がいいのかもしれない。

やはりちょっと気になるので、上から補修剤を追加で塗り、成型しなおしてみた。

割とキレイにできたと思う。このあたりが「かかと補修」のポイントかもしれない。

横からみた感じ。

反対の靴を後ろから。

さらに横から見た感じ。

問題なさそうなので、これでもう24時間乾燥させてみることに。
うまくいくように祈る。

24時間後。
補修剤の部分を押してみても問題なく硬化しており、成型もうまくいっているようだ。

後ろから見た感じも悪くない。

店舗でなかなか受け付けてくれなかったので、スニーカーのかかと補修(かかと修理)を自分でやってみたが、意外とカンタンで誰でもできると思う。これならお気に入りのスニーカーを長持ちさせることができそうである。

必要なのは、シューグーとアクリル絵の具に、多少の時間である。
シューグーは100グラム入っているので、これなら4~5回くらい使える分量がある。
今回は、シューグーとアクリル絵の具でだいたい1500円ほどかかったが、あと3回は使えるので、材料費は、1回あたり400円弱といった感じかな。お気に入りのスニーカーがある人は試してみるといいかも。

以下は、参考にしたブログ。ありがとう!

スニーカーのかかとをセルフ修理

スニーカーのかかと補修(かかと修理)を自分でやってみた後だが、スニーカーのかかと補修をやってくれる店も一部にはあるみたい。ただ、持ち込んだり、郵送したりするのが面倒だったり、料金もそれなりにするので、個人的には自分でやれるように思う。

西武池袋本店5階のリペア工房」なら所要時間30分で、3000円+税でスニーカーのかかと補修やってくれるようだ。参考までに。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です