知識ゼロからの日本絵画入門 – 安河内 眞美 (書評・レビュー・感想)

【この記事の所要時間 : 約 1 分

日本人の美の原点。狩野派、琳派、浮世絵、円山派、近代日本画…巨匠30人の作品を全解説。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

書評・レビュー・感想

『開運!なんでも鑑定団』のレギュラーである安河内さんによる日本絵画入門。
今年は、日本画にもチャレンジしようと思い、山種美術館に行く前に参考書代わりに購入した。

初心者向きで、カラーで、シンプルにまとまっていてとても良かった。

タイトルに間違いなし、たしかに「知識ゼロからの日本絵画入門」だった。
これくらいの粒度で概要を掴んでから個別具体的なところに入りたいという希望があったので、まさにうってつけの本だった。

先日、山種美術館で見た竹内栖鳳の「班猫」も出ていた。

まずはココからという人向け!

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です