情報処理技術者試験が全面的に変更になるらしい

【この記事の所要時間 : 約 1 分

「初級シスアド」消える——情報処理技術者試験が大改革へ

情報処理推進機構(IPA)は9月7日、情報処理技術者試験を改革する中間報告を発表した。同日からパブリックコメントを受け付けて、最終報告を11月にまとめる予定。人気の「初級システムアドミニストレータ試験」が別試験に吸収されるなど、大変革といえそうだ。
新試験は最終決定をした後、平成20年度秋期にまずはエントリ試験を実施する。ただ、CBTではなくペーパー方式で実施。初級システムアドミニストレータ試験は実施しない。そのほかの試験は現行の試験制度で行う。全面的に新試験に移行するのは平成21年度春期からを予定している。

IPA_shikaku.jpg
とのことで、
 1.初級シスアド   → エントリー試験
 2.基本情報     → 基本情報試験
 3.ソフトウェア開発 → 応用情報試験
 4.その他       → 高度試験
とう感じでするみたい。
こっちの方が分かりやすい。
1~3まではどの分野の人でも取得しておいて、個別の分野の資格がほしければ、4の段階のものを取るという形かな。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です