【ドラマ】 深夜食堂 – 主演・小林 薫 (レビュー・感想)

【この記事の所要時間 : 約 2 分

舞台は繁華街の片隅にある小さな食堂。深夜0時に開店。メニューは豚汁定食だけ。そんな一風かわったお店には、ヤクザ者、売れない役者、雀荘帰りのサラリーマン、OL3人組、ストリッパー、新聞配達青年、わけありアイドル・・・さまざまな人が集ってくる。客の楽しみは、他愛のない会話と、そして、「勝手に注文してくれりゃあ、出来るもんなら作るよ」というマスターの料理。赤いウインナー、甘い玉子焼き、猫まんま・・・リクエストされるのは、特別なことは何もないのに、何だか無性に食べたくなるものばかり。でも、そこには様々なストーリーがあって・・・ 繁華街の片隅の、深夜しかやっていない小さなめしやで繰り広げられる、ユーモラスで時にビターな人間模様。 見た人はきっと通いたくなるような、小腹も心も満たす「深夜食堂」、開店です。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

レビュー・感想

いやー小林薫いいねえ~。
しぶいねえ。ほっこりして見れる。

ジムでジョギングしながら見るには最高のドラマだ!

Amazonプライム万歳!!

ジョギングしながらAmazonプライム動画を見るなら、Apple純正のBluetoohイヤホン「AirPods」は最高にオススメ!

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です