ニセ科学を10倍楽しむ本 – 山本 弘 (書評・レビュー・感想)

【この記事の所要時間 : 約 1 分

一見科学的なようで確かな根拠のまったくない“ニセ科学”。「血液型で性格がわかる」「ゲームの影響で凶悪犯罪が起こる」「動物や雲が地震を予知する」「人類は月に行っていない」など、日常生活や教育現場にまで入り込むニセ科学にだまされないために、正しい科学の考え方を会話形式で楽しく学べる、人気SF作家による科学リテラシー入門。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

書評・レビュー・感想

ざっと読んだだけだけど、たいして面白くなかった。
まあ「ニセ科学」に興味があれば違ったのかもしれないけどね。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です