<戦国時代>天下人を悩ませた異能の傭兵集団 雑賀衆・根来衆 – 鈴木 眞哉 (書評・レビュー・感想)

【この記事の所要時間 : 約 1 分

天下統一を狙った織田信長や豊臣秀吉に敢然と立ち向かった男たちがいた、紀州の傭兵集団、雑賀衆と根来衆である。彼らは、大軍を相手にどのように戦ったのだろうか。財源は? 組織体制は? 諸大名との関係は? 謎の多い異能集団の実態を検証する!

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

書評・レビュー・感想

雑賀衆と根来衆についてはよくわかっていないことが多いが、ページ数は少ないが、他の集団と何が違い、どういった原理で組織化していたのかがわかりやすく書いてあった。

ざっくりと、雑賀衆と根来衆について知りたい人にはオススメ。
詳細に知りたい方には物足りないと思う。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です