「日清MCTオイル」がやってきた!

【この記事の所要時間 : 約 3 分

いきなりですが、「MCTオイル」って知ってますか?

MCTとは「Medium Chain Triglyceride」の略で、MCTオイルは「中鎖脂肪酸オイル」のこと。でいきなり何の話をしているかというと、ダイエットなんですよー

このMCTオイルは、中鎖脂肪酸を100%含有しているんですが、この中鎖脂肪酸は、脳の栄養素として利用されてることがわかっているというのがポイントなんです。通常、脳は糖質から得られたブドウ糖を栄養素として使っていますが、ブドウ糖がない時は、ケトン体というものを栄養素として代替して使う仕組みになっています。糖質制限をすると糖質から得られるブドウ糖がなくなるので、脳が働かなくなるという人がいますが、ケトン体があれば大丈夫。ではそのケトン体ってどこからくるの?というところで中鎖脂肪酸が登場します。

中鎖脂肪酸は、なんとケトン体の原料なんです!

ということで、最近は糖質制限+MCTオイルというケトン体ダイエットが少しづつ流行りだしています。

個人的にも実際に試してみたい!と考え、購入したのが、日清のMCTオイル。

一応、ロジックとしては、

 1.糖質制限をして糖質を体内からなくす
 2.脳はMCTオイルで補給されたケトン体を利用する
 3.体は糖質がないので体脂肪を燃焼してエネルギーをつくる
 4.体脂肪が燃焼した結果、体脂肪が減る

という流れになるはずなのですが、これは試してみないと実際のところはわからない。減量期にはこれを実践したいと思います!

MCTオイルの使い方としては、コーヒーに入れたいと思ってます。
コーヒー1杯に大さじ1杯(15g)のMCTオイルを入れる。オイルは1グラムで9キロカロリーなので、このMCTオイルコーヒーは、1杯で15グラム×9キロカロリー=135キロカロリー。

プロテイン1回(タンパク質25g)あたりも同じくらいのカロリーなので、プロテイン3回+MCTオイルコーヒー3回で、総カロリー810キロカロリー。夕食に500キロカロリーほどを摂取して1日の総摂取カロリーを1300キロカロリー程度にしたいと思ってます。

日清 MCTオイル 450g
Nisshin Oilio(日清オイリオ)
シリコンバレー式 自分を変える最強の食事
デイヴ・アスプリー
ダイヤモンド社
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です