総理 – 山口 敬之 (書評・レビュー・感想)

【この記事の所要時間 : 約 1 分

総理
総理

posted with amazlet
山口 敬之
幻冬舎 (2016-06-09)

そのとき安倍は、麻生は、菅は――綿密な取材で生々しく再現されるそれぞれの決断。迫真のリアリティで描く、政権中枢の人間ドラマ。

「本当の敵は身内にいる」
――第一次安倍内閣から安倍を支え続ける麻生太郎。
「絶対に安倍を復活させる」
――重要局面で目の前で票読みをし安倍の背中を押した菅義偉。
「世にいうところの緊急事態かもしらん」
――誰よりも早く安倍の異変を察知した与謝野馨。
「麻生さんが決めたなら、私も」
――谷垣支持から安倍支持に転じた高村正彦。
「そういう事実は一切ありません」
――宏池会会長として野田聖子支持を完全に否定した岸田文雄。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

書評・レビュー・感想

いろいろと話題な著者の本。

これは良書だと思う。

政治のインサイダーというのがどういうものなのかを垣間見ることができる。

本書を読んで、麻生太郎が好きになった。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です