アメリカ政治の壁――利益と理念の狭間で – 渡辺 将人 (書評・レビュー・感想)

【この記事の所要時間 : 約 1 分

オバマ政権の2期8年の「迷走」の原因はどこにあったのか? 「一つのアメリカ」どころか、トランプ候補の登場で、ますます亀裂を深める超大国は、どこへ向かうのか。元インサイダーとして、大統領選の実情を知り尽くしている著者が、アメリカの「リベラル政治」の複雑で厄介な構造を読み解き、新政権の課題を占う。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

書評・レビュー・感想

まさかのトランプ大統領の誕生で今後のアメリカはどうなるのか?について考えるには良い一冊。
アメリカ政治についての概要や課題などがわかりやすく書かれている。

良書!

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です