イサム ノグチ 展

【この記事の所要時間 : 約 1 分

「イサム・ノグチ展」行ってきた。
結果から書くと、「完敗」でした。
彫刻って難しいということはわかってたんですが・・・・
抽象的な3Dって。
これなら抽象画のほうがよっぽどわかりやすいですね。
かなりがんばって見てみたんですがね。
勉強不足というか文化資本が足りないというか。
例えるなら、決め球の渾身の1球を普段と逆打席に立って子供用のバットでホームランにされた!みたいな。そんな完敗ムードでした。
出口らへんでどっと疲れが出た。
疲れたが、そのまま月島へもんじゃを食べに。
お好みを食べたあとにしめとしてもんじゃを食べる。
やっぱり鉄板系はいいね。
家に帰ると、倒れるように寝床へ。。。ZZZ

イサム・ノグチ(上)――宿命の越境者 (講談社文庫)
ドウス 昌代
講談社
売り上げランキング: 143,946
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です