消えるサイト、生き残るサイト 「SEO11の戦術」で、絶対に生き残れ! – 宇都 雅史 (書評・レビュー・感想)

【この記事の所要時間 : 約 2 分


消えるサイト、生き残るサイト 「SEO11の戦術」で、絶対に生き残れ! 消えるサイト、生き残るサイト 「SEO11の戦術」で、絶対に生き残れ!

序章 検索エンジン業界で起きる「喜劇」と「悲劇」
第1章 なぜ多くのサイト運営者が失敗するのか?
第2章 検索エンジンを知る
第3章 あなたのサイトは、九つの視点で丸裸にされる
第4章 サイト運営者に贈る八つの戦略
第5章 ブッちぎりでライバルに差をつける「11のメソッド」
第6章 専門業者が絶対に話さない「裏手口」
従来の対策では、むしろ消される!
検索エンジンの魔女狩りが始まった!?
年商1億円サイトを続々生み出した「上位表示率95.41%の男」が教える、いつまでも上位表示され続ける「王道のサイト」の作り方。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

書評・レビュー・感想

ある人が本書をブログで以下のように薦めていた。

これまで出版されたSEO(検索エンジン最適化)本のなかでは、間違いなく過去最高のものだと思います。

そうかな?
率直にそう思う。
ちょっとオーバーすぎると思う。
ただ、悪書ではない。
キーワード選定方法や見込み客へのアプローチ方法など参考になる点は多い。
専門業者が絶対に話さない「裏手口」として紹介しているのは「NINJA TOOLS」とかのことみたい。
まーこういう仕組みは知っておいてもいいとは思う。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です