新ゴーマニズム宣言SPECIAL 平成攘夷論 – 小林 よしのり (書評・レビュー・感想)

【この記事の所要時間 : 約 2 分


新ゴーマニズム宣言SPECIAL 平成攘夷論新ゴーマニズム宣言SPECIAL 平成攘夷論

日本を貶める反日夷狄を撃ち払ってくれる!
日本は悪意に囲まれている。
大虐殺があったとされる南京攻略から70年の今年、中国、アメリカで関連反日映画が多数作られ、「慰安婦決議」など反日の嵐が日本に押し寄せている。
こうした攻撃をよしりんが歴史の真実をもって返り撃つ。
本書はいわば一家に1冊の「反日ゲーム攻略本」ともいえる。
かつて吉田松陰も西郷も坂本龍馬もみな攘夷だった。
維新後も日本人が「開国攘夷」の独立心を抱き続けたが故に、日本は欧米列強から一目置かれ、独立を全うできたのだ。
だが、戦後の日本人は「謝罪恭順」にうつつを抜かし、そのツケが回ってきた。
攘夷とは独立の志である。
中・韓・米そして反日日本人ら「夷狄」の攻撃から日本を守る真実がこの本にある! 
書き下ろし&全篇再構成・再編集の渾身の書!

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

書評・レビュー・感想

平成攘夷論は6つで構成されている。
「攘中論」
「攘韓論」
「攘米論」
「攘独論」
「攘露論」
「攘奸論」
要再読ですね。
2007年7月12日~2007年8月11日までの期間、以下の「生 ゴーマニズム宣言」のムービーを見ることができます。


スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です