セキュリティソフトの選び方

【この記事の所要時間 : 約 3 分

セキュリティソフトはどのように選んでいるだろうか?
まったく入れていない人もいるし、複数入れている人もいる。
ノートンを薦める人もいるし、ウイルスバスターを薦める人もいる。
何を選べばいいかわからないから適当に言われるがままという人も多い。
どのようなセキュリティソフトを選ぶべきかについてうまくまとめた記事を見つけた。
最強はどれ? 2007年版セキュリティソフト徹底比較(前編)

本記事では、セキュリティソフトの双璧と言われるシマンテックとトレンドマイクロの最新スイートをはじめ、第三者機関から実力を高く評価されている製品を中心に、以下の6製品を取り上げて比較検証を行った。
* Norton Internet Security 2007
* マカフィーインターネットセキュリティスイート2007
* ウイルスバスター2007 トレンドフレックスセキュリティ
* NOD32 アンチウイルス V2.5
* カスペルスキー インターネット セキュリティー 6.0
* CAインターネットセキュリティ スイート 2007
 なお、各製品とも期間限定の試用版がダウンロード可能なので、興味を持った製品があれば実際に試してみることもできる。各ベンダーの試用版を期限いっぱいまで利用しながら次々と渡り歩き、自分の用途に最適なソフトを見つけるのも1つの方法だ。

最強はどれ? 2007年版セキュリティソフト徹底比較(後編)

全体を通して目を引いたのがNOD32の動作の軽さ、そしてウイルスバスター2007の総合力の高さだ。NOD32は1本ですべてをカバーできる総合セキュリティスイートではないため初心者におすすめしづらいが、やや古めのノートPCにセキュリティソフトを導入するさいには魅力的な選択肢の1つと言える。
一方、ウイルスバスター2007は機能も豊富で、自宅に複数のPCがある場合は価格的なメリットも大きい。もちろん、ユニークな機能が多い(そして使っていて楽しい)マカフィー2007や、巨大なバックボーンに支えられたシマンテックのノートン2007、細かいセキュリティ設定が可能な上級者向けのカスペルスキー6.0と、それぞれ数値では見えないよさがある。自分の利用スタイルにマッチしたソフトを選んでほしい。

ということでオールイン型を求めるなら「ウイルスバスター」で、軽さを求めるなら「NOD32」ということみたい。たぶん、初級者は、「ウイルスバスター」、中級者以上は、「NOD32」という感じかもしれない。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です