1枚の画像から自動的に3Dを作成する技術

【この記事の所要時間 : 約 2 分

「モーションポートレート」というのがある。
1枚の画像から自動的に3Dを作成する技術らしい。
もともとソニーで研究してたものらしい。

モーションポートレート
モーションポートレートは、たった1枚の写真から自動的に3次元モデルを生成し、多彩な表情の顔アニメーションを自動的に作り出すことができる技術です。
弊社独自のモーションポートレートエンジンにより、1枚の写真を瞬時に3次元CGへと変換、立体アニメーションを作り出します。
モーションポートレートは、完全な3Dコンテンツですので、生成されたイメージに別の立体モデルを加えたり、背景を差し替えるなど、様々な効果を加えることが可能です。また立体化する素材を限定しません。
モーションポートレートは、立体化する素材を限定しません。人物写真に留まらず、動物、2Dのアニメキャラクター、手書きの似顔絵や、顔の形状からかけ離れた様々な物に対しても3Dコンテンツ化することが可能です。

今後、これを使ったゲームや映像作品などが生まれてくるのかもしれない。
サンプルをみたけど、あまり大きなサイズで見ると粗というか3D感がしてリアル感がなくなるかもしれない。
PSP版「ハルヒ」にも 顔写真を“3D顔アニメ”にするソニー発の技術

3Dグラフィックスのための数学入門 クォータニオン・スプライン曲線の基礎
郡山 彬 峯崎 俊哉 原 正雄
森北出版
売り上げランキング: 191,706
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です