デスクトップ上の動きをWMV形式で高品質に録画できるキャプチャソフト

【この記事の所要時間 : 約 2 分

PCのデスクトップでこういう風に作業すればいいよ!などと相手に伝えたい場合などにうまく利用できそうなのが、フリーのキャプチャソフトである「窓録」である。
デスクトップ上の動きをWMV形式で高品質に録画できるキャプチャソフト

デスクトップのうち一部範囲を指定しての録画・録音が行えるキャプチャソフト。WMV形式で保存するため、動画サイズは小さいながらも高画質で録画できる。
「窓録~DesktopCam~」は、フレームだけの素通しウィンドウに表示された範囲をWMV形式で録画・録音するソフト。ウィンドウはフレームだけの表示で、フレーム以外は透過処理されており、“ウィンドウの裏側”にあたる部分も操作できるようになっている。そのほかに配置されているのは、ウィンドウサイズの表示部や、操作に使う「録画(キャプチャ開始)」「一時停止」「停止」の三つのボタンだけ。インタフェースは非常にシンプルだ。
録画操作は3ステップ。
1. ウィンドウの録画サイズと位置を調整
2. 「録画」ボタンをクリックして録画を開始
3. 「停止」ボタンをクリックすると録画を終了し、動画を保存
ウィンドウサイズは、上下左右や四隅をドラッグしながら動かすことで好みの大きさに変更できる。ウィンドウ位置を自由に移動させることも可能(録画中はウィンドウの位置/サイズを変更できない)。フレーム下には横×縦のピクセル数が表示されるので、撮影したい場所を決める際の目安になる。

試しに使ってみた。
とても簡単。
できたファイル(WMV形式)をYouTubeにアップ。

面白いかも。

コンピュータはなぜ動くのか~知っておきたいハードウエア&ソフトウエアの基礎知識~
矢沢 久雄 日経ソフトウエア
日経BP社
売り上げランキング: 8,429
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です