おまつり in 中野

【この記事の所要時間 : 約 2 分

1.jpg
朝、起きるとなにやら外が騒がしい。
なにかを思えば、「おまつり」らしい。
引っ越してまだ2週間くらいしかたってないのでなんの祭りかわからないがとりあえず祭りらしい。近くの神社にも屋台が出ていた。
2.jpg
地元が岸和田だったためか、「祭り=だんじり」だったので、
こっちの神輿タイプがなんだか新鮮に感じた。
高さは成人と同じくらいで、これを20人くらいで持ち上げていた。
3.jpg
あと、女性は地下足袋の下にわらじをはいていた。
これも新鮮。
だんじり祭りでは、男も女も地下足袋のみなので。
4.jpg
男はふつうの地下足袋。
たぶん町のよって法被のデザインと合わせた色がありそう。
(ほかを見てないので正確ではないけど)
5.jpg
音はどこから出しているのか?と周りをみわたせば、
トラックの荷台に太鼓などがつまれていた。
なるほどね。なかなか斬新ですね。
車がない時代はどうしていたんだろうか?
いつ始まったのかを知らないけど。
東京の祭りはあまり盛り上がっていないイメージだったが、
いやいやなかなか盛り上がってた。
まー東京という土地柄、部外者が多いため、人集めやコミュニティへの参加がなかなか進まないだろうと思うが、なかなか健闘しているように思う。
少しイメージが変わったね。

東京都中野区 (日本の特別地域7) (地域批評シリーズ日本の特別地域 7)
佐藤圭亮
マイクロマガジン社
売り上げランキング: 479,147
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメント

  1. はじめまして、パテントハウス G太郎です。
    日本シリーズは残念でしたが、セ・リーグを制覇したのは阪神タイガースです。虎の優勝を祝って。
    ”虎”ゆうしょう デザイン文字  で、阪神の優勝
    を人知れず喜んでおります。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です