純金の名刺

【この記事の所要時間 : 約 2 分

jyunkin_meishi.jpg
純金の名刺?というなんだか胡散臭い感じがするが、記念品として贈ると考えるとなかなか面白いかもしれないと思う。いきなり純金の名刺といわれても、いくらなのか?どこで作ってくるのか?など疑問も多いが、三菱マテリアルが、「1g純金名刺」という商品で売り出している。
退職記念品、昇進、就任、栄転などのフォーマルなお祝いとして利用されているとか。
価格は・・・・なんと、「 1枚1万円 」だそうです。
“純金の名刺”を退職者へのプレゼントに

三菱マテリアルは、新タイプの「1グラム純金名刺」を3月1日から販売開始した。純度99.99%の純金を独自の精密圧延技術で約14マイクロメートルの薄板に加工し、保護用のラミネートに名前や社名を印刷するもの。大きさは80×48ミリ(タテ×ヨコ)で、価格は1枚が1万円。製作は1枚から可能で、名刺を預けて2週間で完成する。
2月まで生産していた旧タイプでは、金の上に1次ラミネート、名前などを印刷したフィルム、2次ラミネートと3重に重ねていて、周囲に約3ミリのラミネートがはみ出した“耳”があった。新しいタイプでは、印刷技術を改良したことで金にかぶせるラミネートを1枚だけにし、この“耳”を省いた。紙の名刺と同じように少々曲げても元に戻るなど、柔軟性も高い。「新タイプになって、より金の素材感が現れ、かつ実際の名刺に近づいた」(三菱マテリアル)という。

1枚から作ってくるらしいので、退職祝いなどにいいかもしれない。
会社関係なら退職祝いは通常、同じ部署の人たちが連名で贈ることが多いので、10人で贈れば1人1000円。これに寄せ書きがあればバッチリかもしれない。
現時点で、サイトをみると、作成まで2週間というところがぬりつぶされていて、「現在多数のご注文をいただいており、納期を1ケ月ほどいただいております。」となっている。
人気なんですね。
購入は、こちらへどうぞ。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です