今さら聞けないゴルフのセオリー – 金谷 多一郎 (書評・レビュー・感想)

【この記事の所要時間 : 約 1 分


今さら聞けないゴルフのセオリー今さら聞けないゴルフのセオリー

タイチローがいままでのセオリーを斬る!
・グリップ編
・アドレス編
・スイング編
・クラブ別セオリー編
・練習方編
・スタート前の練習編
・コースマネジメント編

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

書評・レビュー・感想

中級者以上になると今更聞けないと思われるようなゴルフのセオリーに対して著者がいろいろと教えてくれる。まだまだゴルフをはじめて1年ちょいの初心者ゴルファーなので、聞けないわけではないが、せっかくなので、学んでしまおうと思って読んでみた。
なかなか面白いことが書いてある。
いろいろなセオリーがあるが、やっぱり前提条件などがちゃんとあるので、セオリーだけを覚えておくと痛い目にあうとのことなので、セオリーを覚えるなら前提条件つきで覚えようと思う。
そして、セオリーを知っていつつ、柔軟にゴルフをやろうと思う。
そんなにガチガチになってやっても面白くないし、うまくもならない。それが結論なんだと思う。
ゴルフで重要なのが、「感覚」。
そして、もっとも勘違いしやすいのも「感覚」。
それでいいんだよという本。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です