MovableType(MT)のアーカイブ・マッピングで困ったら・・・

【この記事の所要時間 : 約 3 分

Movable Typeを使っていると、個別ページやカテゴリページや月別ページなどのURLを独自のものに変える必要があることがある。
管理画面 > 設定 > 公開タブ > アーカイブ・マッピング
でそれぞれの設定をすることができる。
デフォルトでいくつかの書式が用意されているが、自分でカスタマイズすることも可能である。
しかしながら、どのような命名規則が可能なのかよくわからないとうまく設定ができずに困ってしまう。
出力フォーマットの書式は、下記サイトに掲載されている。(注:Movable Type 3.2)
Movable Type: アーカイブ・マッピングの変更方法
個人的には、カテゴリー名に日本語を使いたいが、デフォルトでは日本語を使うとURLに不具合が出た。
あれ?と思って調べてみるといいやり方があったので、今はそれを利用している。
以下は、参考ページ。
MTを入れたら真っ先にするべき設定~アーカイブマッピング

記事URLはお好みで好きなものにしましょう。ここでは以下のように設定しています。
・個別頁 <$MTArchiveDate format="%Y%m%d%H%M"$>.html (年月日時分)
・日別頁 <$MTArchiveDate format="%Y%m%d"$>.html (年月日)
・月別頁 <$MTArchiveDate format="%Y_%m"$>.html (年_月)
・カテゴリ頁 <$MTCategoryDescription$>.html (カテゴリーの説明*)
・カテゴリ頁 <$MTCategoryBasename$>/index.html (カテゴリーのファイル名**)
*)3.2以前のバージョン時に使用していた設定。カテゴリー名は日本語で使いたいので、カテゴリーの説明のところにファイル名にしたい英数字を設定します。この方法だと、カテゴリーファイルのURLをbook.htmlとか web.htmlとか分かりやすくて好きな名前に出来るのでよいです。
**)3.3以降の設定。3.3からはカテゴリーファイル名を管理画面から好きに変更できるようになったので、<$MTCategoryDescription$>から<$MTCategoryBasename$ >に変更しました。これだと<$MTCategoryDescription$>が本来の用途に生かせるので、3.3以降はこちらをおすすめします(最後を/index.htmlではなくて .htmlで終るようにすれば<$MTCategoryDescription$>.htmlと同じ名前に出来るので、見た目はファイル名の変更なしに移行できます)。
また、この方法だとサブカテゴリのファイル名が親カテゴリに縛られないので、カテゴリ単独でファイル名をつけたい場合にもいいです。
補足事項
カテゴリの場合、3.3以降なら必ずしもアーカイブマッピングまで使う必要はないと思いますが、ファイル名だけはデフォルトのままではなく、自分の好きな名前にしておいた方が後々何かと便利でよいと思います。

<$MTCategoryDescription$>.html を使うのもいいけど、やっぱりMT3.3以降なら、<$MTCategoryBasename$>.html を使いたい。
当たり前だけど、静的ページではなく、PHPなどを利用するサイトの場合は、
<$MTCategoryDescription$>.php
<$MTCategoryBasename$>.php
にすればいいだけ。

Movable Type 6 本格活用ガイドブック (Web Designing BOOKS)
藤本 壱 柳谷 真志 奥脇 知宏
マイナビ
売り上げランキング: 254,458
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です