Amazonで送料無料にするための小技と落とし穴

【この記事の所要時間 : 約 2 分

Amazonで「もう少しで送料無料なのに」という時はこれを買おう

Amazonで買おうとした本が1470円だったことはないだろうか。
ご存知の通り Amazon.co.jp では
1500円以上買うと国内配送料が無料になる。
もうこれだけAmazonが使われているのだから
送料無料になる値段かどうかが
売上冊数にも影響するんじゃないかと思えるのだが、
それでも1470円ぐらいの本は結構ある。
いっそ1500円にすればいいのに。
で、そんなことをここで言っていても多分何も変わらないので
合計1500円以上にする方法を探した方が早い。
で、あった。30円の商品。

そういうときある!!
そしてその商品というのがこれ。
色は3色で、なんと・・・たったの30円

キャプテンスタッグ プリンクナイフ キャプテンスタッグ プリンクナイフ
・価格   : ¥ 30 (税込)
・色    : ブルー
・サイズ : 長さ163×幅20mm
・材質  : スチロール樹脂

キャプテンスタッグ プリンクナイフ キャプテンスタッグ プリンクナイフ
・価格   : ¥ 30 (税込)
・色    : グリーン
・サイズ : 長さ163×幅20mm
・材質  : スチロール樹脂

キャプテンスタッグ プリンクナイフ キャプテンスタッグ プリンクナイフ
・価格   : ¥ 30 (税込)
・色    : ホワイト
・サイズ : 長さ163×幅20mm
・材質  : スチロール樹脂


これはなかなか使えると思うが、ひとつ注意点がある。
それは・・・
Amazonの配送料無料にはこんな罠があった

送料無料にするためにわざわざフォークを注文したのにそれが品切れで送料がかかったら悲しいですよね。
いや、でもちょっと待ってください。
フォークがなかったんならまだいいですよ。
逆だったらもっと悲しいです。
もともと欲しかった商品が品切れでフォークだけが届けられてしまったら。
送料300円払って
30円のフォークを買うことに・・・。

あまりレアな商品を選ぶ時には注意しましょうね。
お互いに。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です