なぜナイスショットは練習場でしか出ないのか – 市村 操一 (書評・レビュー・感想)

【この記事の所要時間 : 約 3 分


なぜナイスショットは練習場でしか出ないのかなぜナイスショットは練習場でしか出ないのか

第1章 プレッシャーの原因を探り、上手に克服せよ
第2章 心の「雑念」を停止するとっておきの方法
第3章 ゾーンの中でプレーする
第4章 なぜ練習場のように打てないのか
第5章 技術習得をより効果的にするヒント
「池を見ると入ってしまう」「バーディーのあと大叩きする」「コンペになると実力が発揮できない」「残り60ヤードでシャンクする」。
一番大切な時に、わかっていてもミスが出るのはなぜなのか?
最新の研究データをもとに、心と体をズレなく連動させるポイントを伝授。
1日300球打つよりも“よいイメージ” と“魔法のつぶやき”で、スコアは10打縮まる。
練習場シングル、待望必読の書。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

書評・レビュー・感想

本書は、心理学を学ぶ一人のゴルファーである著者が、ゴルファーに向けてこんな風にプレーしてみたらどうだろうか?と語りかけるように書かれたものである。
パッティングでは、「残心」の心得を。

パッティングでのヘッドアップを防止する工夫として「ショートパットでは、ボールがカップに落ちた音を聴いてからカップを見なさい」という教訓が昔から伝えられている。私も先輩からこのようにパッティングの心得を指導された。50センチのパットでも、カップを見ないで頭を残して打つことは、最初は恐ろしい。1メートルもオーバーしてしまうのではないか、と不安になったりする。でも、これは練習に値する価値がある。ショートパットの成功率は確実によくなる。

ショットに関しては、注意の向け方を。

プロゴルファーや、ゴルフの心理学者の多くが指摘する上級者と初心者の違いに、「注意の向け方の違い」がある。上級者の注意の向け方は、目標を狭く絞っている。それに対して、初心者の注意は、スイングのメカニズムや、力を入れて打つこと、そして池、立ち木、ブッシュやバンカーなどのハザードなどなど、多面的に広がっている。もう一つの違いは、上級者の注意が、これから実行しようとすることに向けられるのに対して、初心者の注意は、避けようとすることに向けられる。ショットの準備段階で、上級者は、「これから打とうとするボールの着地点」に注意を向けるが、初心者は、「入れてはいけない池やブッシュ」に注意を向ける。

非常に参考になる。
パッティングでは、すぐにカップを見てしまうし、ティーショットでは、「右はOBで、左はワンペナ」などといってからスタンスに入っている。
池に入れてはいけないと思っていると池に入れる。
まさに注意の向け方の問題であると思う。
最近のスポーツでは、イメトレの重要性がかなり広がっていて、ほとんどのスポーツで取り入れられている。ゴルフでも同じことなのだと思う。
「ゴルフにおけるイメトレの重要性」が一番の本書のキモといえる。
最近、少しづつ腕を上げているので「イメトレ」にも励みがんばりたいと思う。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です