進撃の巨人 LOST GIRLS(2) – 不二 涼介、瀬古 浩司 (書評・レビュー・感想)

【この記事の所要時間 : 約 1 分

アニメ『進撃の巨人』の脚本家が書き下ろしたスピンオフ・ノベルを漫画化!
アニの、ミカサの、あの日の知られざる物語。

あの日も雨が降っていた──。ミカサの魂は、穏やかで温かな森の暮らしへと立ち戻る。そして、少女の世界を変えた少年とのあり得たはずの出会いへと……。九歳のエレンとミカサ、強い絆で結ばれる二人の幻想の物語。「あるいは君だけが、エレンをその大きな力から守ってあげられるのかもしれない。」LOST GIRLS──もう一人の少女。その名は、ミカサ・アッカーマン。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

書評・レビュー・感想

ミカサ・アッカーマンのスピンオフだ。
エレンとミカサの出会いがわかる。

進撃の巨人ファンならたまらない一冊。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です