進撃の巨人 悔いなき選択(2) – 駿河 ヒカル (書評・レビュー・感想)

【この記事の所要時間 : 約 1 分

進撃の巨人 悔いなき選択(2)<完> (KCデラックス ARIA)” style=”border: none;” /></a></div>
<div class=
駿河 ヒカル 「進撃の巨人」製作委員会
講談社

「――選べ 迷っている時間はない」壁外調査へ出発したリヴァイ達は、エルヴィンの新陣形を試す。まるで生き物のように機能する陣形に賞賛の声が上がったその時、雲行きは変わる。激しい雨と立ち上る霧に、視界を絶たれる調査兵団。自分と仲間と調査兵団、それぞれの思惑が交錯する中、リヴァイはある選択を――。“人類最強”スピンオフ、クライマックスの第2巻!

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

書評・レビュー・感想

地下街のゴロツキからいかにして人類最強の男になったか・・・
進撃の巨人のリヴァイのスピンオフ作品である。

これを読めば、進撃の巨人がさらに面白くなる!

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です