メタボ対策コーヒーで体脂肪率1.5%減か!?

【この記事の所要時間 : 約 2 分

asahi.com : メタボ対策コーヒーを発売 体脂肪の低減効果をうたう

味の素ゼネラルフーヅが6月5日から発売する無糖ブラックコーヒー「ブレンディ 香るブラック」は特定保健用食品の認可を受け、コーヒーで初めて体脂肪の低減効果をうたう。成分中のコーヒーオリゴ糖に腸内の脂肪吸収を抑制する働きなどがある。同社の臨床実験では、約3カ月飲み続けた人の腹部の脂肪面積は、飲まなかった人より平均約7%(体重換算で約1kg)減ったという。
280mlペットボトル入りで、税込み店頭価格は168円前後。
メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)対策をうたう「トクホ」飲料市場は急拡大しており、07年の規模は06年比約4割増の600億円に達すると見られている。

腹部の脂肪面積が平均約7%(体重換算で約1kg)減ったというのはほんとならやってみる価値ありそう。
体脂肪率が7%下がるわけではないので、そこは勘違いしないほうがいいと思う(勘違いしないか)。
体重換算で約1kg減ったということなので、計算してみると

現在  : 体重57kg、体脂肪率15%、体脂肪重(57*0.15=8.55kg)
3ヵ月後 : 体重56kg、体脂肪率13,5%、体脂肪重(8.55-1=7.55kg)

ということなので、3ヶ月飲み続けると体脂肪率が1.5%減る効果がある。
やってみようかな~。

今すぐできる!メタボを解消する40のルール (健康図解)
学研パブリッシング
売り上げランキング: 720,919
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です