お金持ちの教科書 – 加谷 珪一 (書評・レビュー・感想)

【この記事の所要時間 : 約 2 分

お金持ちの教科書
CCCメディアハウス

お金持ちになりやすいタイプや、絶対的な儲けのテクニックなどない。しかし、お金持ちに特有の「思考パターン」や「行動原理」は存在する。住む場所、移動手段、友達の選び方、見栄の張り方……お金持ちのように考え、行動することが、お金持ちへの近道となる。多くのお金持ちと交流し、自らも富裕層の仲間入りを果たした著者が見出した《お金持ちの真理》とは?

お金持ちになりたくない人は、読まないでください。

お金持ちになりやすいタイプや、絶対的な儲けのテクニックなどない。しかし、お金持ちに特有の「思考パターン」や「行動原理」は存在する。住む場所、移動手段、友達の選び方、見栄の張り方……多くのお金持ちと交流し、自らも富裕層の仲間入りを果たした著者が見出した《お金持ちの真理》とは?お金持ちのように考え、行動することが、お金持ちへの近道となる!

*お金持ちの入り口は「1億円」
*本当の大金持ちは「資産3億円以上」
*価値観が変わるのは「5000万円」から
*「年収1000万円」が一番キツイ

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

書評・レビュー・感想

本書はタイトルが「お金持ちの教科書」なのだが、ん~これ教科書かな??

なんかお金持ちに関する雑学をたくさん集めました!的な印象だった。

なんか当たり前の話が多すぎて、これ本にする意味があるのかなと思った。

お金に関する類書を読んだことない人にとってはいいかもしれないが、一般向けにこれはちょっと・・・

アマゾンを見るとけっこういい評価している人がいるけど、ステマなんじゃないかな。これに★5つって頭がどうかしてるか、よほど世間知らずかのどちらかじゃないかと思う。正直すぎて申し訳ないけど。

参考にならず、お勧めできない。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です