なぜ株式投資はもうからないのか – 保田 隆明 (書評・レビュー・感想)

【この記事の所要時間 : 約 1 分


なぜ株式投資はもうからないのか なぜ株式投資はもうからないのか

第1章 そもそも株式投資とは何か
第2章 株式投資の理想と現実、そしてワナ
第3章 機関投資家と証券会社の生態を知る
第4章 日本の新興市場における問題点
第5章 今後の株式投資を考える
「貯蓄から投資へ」の大合唱が響き渡るなか、現在の株式投資の構造や問題点を鮮やかに暴き出す!機関投資家と個人投資家の違い、証券会社の実態、新興市場の欠点、そしてWeb2.0時代を迎えた株式市場について論じ抜く。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

書評・レビュー・感想

昨今の株ブームにネガティブに反応した本である。
個人的には、ネット株の心理学の方がよかったと思う。
まー冷静にネガティブになるのはいいし、言っている内容はまとも。
残念なのが、「で?なに?」というフラストレーションがたまるところ。
熱くなったのを少し冷ますにはいいかもしれない。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です