ちょっとだけ神戸散策してきた!(三ノ宮・元町)

【この記事の所要時間 : 約 2 分

写真 2016-06-17 9 56 03

少しだけ神戸に行ったので、神戸の街を散策した。
三ノ宮の駅に降りて行ったのは、生田神社。

Wikipedia – 生田神社

生田神社(いくたじんじゃ)は、兵庫県神戸市中央区下山手通一丁目にある神社である。式内社(名神大)で、旧社格は官幣中社。同じ兵庫県内の廣田神社・長田神社とともに神功皇后以来の歴史を有する。

かつて、現在の神戸市中央区の一帯が社領であり、これが「神戸」という地名の語源となる。地元では「生田さん」として親しまれており、初詣時期にはもちろん、それ以外の時期にも参拝客が絶えない。

鳥居の向こうに楼閣・本殿があるが、他にも脇社として蛭子神社および稲荷社・弁天池などがある。また、「謡曲生田敦盛」の碑や、地元飲食店や食品間連企業などの寄付で作られた包丁塚・震災復興祈念碑・楠の神木がある。柱に書かれた寄進者名には、ホテルあるいは海洋関係の企業も多い。

繁華街の入り口にどでーんとある。

写真 2016-06-17 9 56 46

写真 2016-06-17 9 57 13

写真 2016-06-17 9 57 26

写真 2016-06-17 9 57 31

写真 2016-06-17 9 57 58

写真 2016-06-17 9 59 01

写真 2016-06-17 9 59 42

境内北側に鎮守の森が広がっており「生田の森」と呼ばれている。
中はひんやりとしていた。

写真 2016-06-17 10 01 15

写真 2016-06-17 10 02 37

写真 2016-06-17 10 04 22

写真 2016-06-16 14 27 28

三ノ宮の隣の駅が元町であるが、元町には、中華街がある。
せっかくなので、ちょっとだけ寄った。

写真 2016-06-16 14 32 10

行ったのは、「ぶたまん」で有名な「 老祥記(ろうしょうき) 」。

写真 2016-06-16 14 38 41

観光客も地元民もたくさん並んでいた。

写真 2016-06-16 14 50 55

3個で270円。
おいしゅうございました。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です