だがしかし – コトヤマ (書評・レビュー・感想)

【この記事の所要時間 : 約 1 分

だがしかし 1 (少年サンデーコミックス)
だがしかし 1

posted with amazlet at 16.05.04
コトヤマ
小学館 (2014-09-18)

美味し、なつかし、駄菓子コメディー開封!

ここは、のどかな田舎町。駄菓子屋の息子・ココノツはある日、都会から来た美少女に出会う・・・

「うまい棒で最高の組み合わせを作って、私を満足させてごらんなさい!!」
「見せてあげるわ・・・ポテトフライの一番贅沢な食べ方・・・!!」
うまい棒、ブタメン、ラムネなどなど・・・駄菓子マニアの美少女・ほたるが繰り出す数々の駄菓子たちに・・・困惑するココノツ!!

こうして、少年×少女×駄菓子のおかしな夏が始まった・・・!!

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

書評・レビュー・感想

駄菓子マンガである。

テイストは、「めしばな刑事タチバナ」に似ている。
ただし、出てくるのは、子供。

子供の頃によく食べた駄菓子が1話につき1つづつ紹介されていく流れ。
とてもノスタルジー。

わりと好きかも。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です