納付書(領収済通知書)がやってきた。 – 確定申告

【この記事の所要時間 : 約 2 分

確定申告の時期である。
確定申告 : Wikipedia

確定申告(かくていしんこく)とは、税金に関する申告を言い、日本においては次の諸点を指す。
1. 個人が、その年の1月1日から12月31日までを課税期間として、その期間内の収入、医療費や家屋の新築・増改築・売買、盗難や火災、寄付、株式の配当などの収支を計算し、所得を確定して税務署へ申告し、所得税額を確定すること
2. 法人が、原則として自己の定款に定められた営業年度を課税期間として、その期間の所得を確定して税務署へ申告し、法人税額を確定すること
3. 消費税の課税事業者である個人又は法人が、課税期間内における消費税額を税務署へ申告しその金額を確定すること

お任せしている会計事務所から納付書(領収済通知書)がやってきた。
平成18年分確定申告は、平成19年 3月15日(木)までに納付しなければならない。
国税の納付手続 : 国税庁

国税は、申告した税額等に基づき納税者ご自身で納付の期限(納期限)までに納付していただく必要があります。
国税の納付は、現金に納付書を添えて、最寄りの日本銀行歳入代理店(銀行等や郵便局)又は、納税地を所轄する税務署で手続します。

ということでしっかり納付。

フリーランスを代表して 申告と節税について教わってきました。
きたみ りゅうじ
日本実業出版社
売り上げランキング: 349
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です