早く一人前になるための 「仕事の覚え方」 – 関根 雅泰 (書評・レビュー・感想)

【この記事の所要時間 : 約 2 分

早く一人前になるための仕事の覚え方 (仕事の基本)
関根 雅泰
日本能率協会マネジメントセンター

転職、就職や、派遣社員、アルバイトとして新しい職場に入った、時に、気持ちよく仕事をするためのポイントになるのが「新しい仕事をいか
に短時間で覚えられるか」ということ。仕事を早く覚えられれば、職場でもすぐに信頼され組織に溶け込み、重要な役割も任せられるようになり、楽しくのびのびと仕事ができるようにます。

本書では、「仕事覚えが早い人」「飲み込みが早い人」が日ごろ使っている、仕事覚えを加速させる「目からウロコ」のコツを、7つの行動法則に分けて解説しています。「飲み込みが早いと言われたい」「何回同じことを言わせるの? なんてもう言われたくない」という人も必読です!

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

書評・レビュー・感想

非常に基本的なことが書かれている。
新入社員向け。

基本的に、自発的にこの手の本を読んでくるなら資質的に問題ないだろう。

問題は、このような本を読もうともしない人だが、それは教え方の方で改善するしかないのだろう。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です