無頼侍 – 鈴木 マサカズ (書評・レビュー・感想)

【この記事の所要時間 : 約 1 分

無頼侍 壱 (ビームコミックス)
鈴木 マサカズ
エンターブレイン

時は幕末の江戸。超ヒマ浪人、浮浪児兄弟、変態欲情女親分。日常を持て余していた連中の前に百両の賞金首が―!?クセ者だらけの新感覚時代劇。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

書評・レビュー・感想

全然だめだった。。。
バカボンド的な感じかと読み始めたが、途中で飽きた。残念。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です