きっこの日記2 – きっこ (書評・レビュー・感想)

【この記事の所要時間 : 約 2 分


きっこの日記2 きっこの日記2

第1章 新年
第2章 春
第3章 夏
第4章 秋
第5章 冬
第6章 今日の一句
月間700万ページビューを誇る驚異のブログ書籍化、第2弾発売!「時事評論」「読んでためになる豆知識」を中心に構成した、「きっこ文学」の神髄。『VOGUE NIPPON』誌にて、「2006年度活躍した50人の1人」に選ばれた、あのきっこ氏が、現代に生きる30代独身女性の日常から、教養、雑学、動物、仕事、恋愛、芸能、スポーツ、F1、パチンコ、料理、インターネット、書籍、ファッション、メイク、俳句まで縦横無尽に語る。2006年までのWeb版「きっこの日記」から、作者および編集部が傑作44本を抽出、合計62作にて構成。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

書評・レビュー・感想

canalize.jp 2006年10月21日 – きっこの日記

きっこの日記をほとんど読んでいる人は別に買わなくてもいいと思う。
書き下ろしのオリジナルエッセイにそれほど求めているほどの新しい情報やわくわくする話はない。
秘密めいた話のにおいにつられてやってきた人はがっかりするかもしれない。
昔からのきっこの日記読者は満足かもしれないが、最近から読み始めた読者は肩透かしを食らわされた気になるだろう。

と前著「きっこの日記」について書いたが、本書「きっこの日記2」も同様の感想。
サイトをみている人にとっては特に新しい印象はないだろう。
この内容ならよほどのことがない限り、「きっこの日記3」が出ても買わないと思う。
出ない可能性も高いと思うけど。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です