スマッチAPIが利用できなくなっていた!

【この記事の所要時間 : 約 2 分

スマッチのWebサービスAPIを利用して作った住宅情報検索サイトである「東京の中古マンションを探せ!」が昨日からエラーがでるようになった。
調べてみると・・・
スマッチWeb サービスについて

スマッチAPIをご利用いただくには、「認証キー」の発行が必要です。認証キーをご希望の方は、利用予定のサイトのURL、利用目的を明記して(「Mash up Award」への参加の場合は「Mash up Awardで利用」と書いてください)、jimukyoku@smatch.jpにメールしてください。事務局で内容を確認の上、2営業日以内に認証キーを発行して返信させていただきます。

とのことで、認証キーが必要になったみたい。
だからRESTで帰ってくるXMLがエラーだったのか・・・
ということで、認証キーの発行を依頼。
すると以下のようなメールがやってきた。

UID=XXXXXXX (2007/02/05発行)
KEY=XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX

じゃらんAPIのようにリクエストパラメータに「UID=○○」とつけるだけでいいとおもっていたら違っていた。
仕様書をみると

本APIにアクセスする際は、認証用のリクエストパラメタとして、UID, STMP, ATTの3つを指定する必要があります。
UIDはリクルートから発行された固定パラメタ、STMPはリクエストしたときの現在時刻をあらわすパラメタ、またATTは、「UIDに対応するKEY」と「STMP」からSHA-1ダイジェスト演算を行うことで生成されるパラメタです。

とのことだったので、今までのリクエストパラメータに上記の3つを追加してみると・・・うまくいった!
よかった。UIDに違うものを入れて、認証に失敗するかどうかも試してみた。
急にAPIが使えなくなってびっくりした人へ参考までに。

不動産を相場の3割増しで売る方法
平田明
幻冬舎
売り上げランキング: 142,621
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です