「監査役 – 野崎修平」全巻12冊一気読み価格は・・・いくらか?

【この記事の所要時間 : 約 2 分

監査役 – 野崎修平

1冊530円だが、中古で買った。
1冊当たり、315~367円といったところなので、
全巻で、だいたい4000円くらいだったと思う。
前回、一気読みしたのが、「デスノート」で、それが、12冊で3600円だったので、まあそんなもんなんだろうという感じ。
あとは、これを買取してもらったら全巻一気読み価格がでてくる。
さあていくらになるんだろうか?

と書いていたが、先日、全巻を売りに行った。
そして全巻12冊の売却価格とは・・・・・
約2000円でした。
ということで、全巻一気読みの値段は大体2000円。
今回売りに行ったのは、「まんだらけ」。
まんだらけは、基本的にはまんだらけで買った値段の半額程度で再度買い取りしてくれるみたい。
やっぱり漫画の全巻一気読みはコスト的にはおいしい。
ただ、まんだらけは買い取りにすごい人が並んでいるので結構時間がかかるので、そこはちょっと時間的にどうかな~という気はするが、まあ個人的には「アリ!」だと思う。

頭取 野崎修平 1 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)
集英社 (2015-06-01)
売り上げランキング: 8,372
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です