【ホップ40倍】 濃厚でパンクなビール 「パンクIPA」を飲んでみた!

【この記事の所要時間 : 約 1 分

写真 2016-01-03 21 10 04

最近、クラフトビールに興味が出てきて、いろいろと試しているのだが、IPA(インディアペールエール)がやはりうまい!IPA(インディアペールエール)は、輸出時にビールの鮮度を保つためにホップをたくさん入れたビールのことで、香り高く、強い苦味を持っている。

普通のビールのようにぐいぐいと飲んで、ノドごしを楽しむ!というよりは、ゆっくり楽しむタイプである。

IPA(インディアペールエール)は、ビールの3大原料である麦芽、ホップ、水の中でも香りと苦味を司るホップをたくさん使ったものであるが、通常のビール(ラガー)の40倍のホップを使ったビールがある!

それが、「パンクIPA」である。

写真 2016-01-03 21 09 43

「パンクIPA」は、2007年創業のイギリス・スコットランド生まれの「ブリュードッグ」の看板商品である。
飲んだらわかる「強烈!」の一言。

これを飲んだら普通のビールが水に思える。

至福の時間を過ごしたい時に飲みたいビール!

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です